読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

itsukichang

フロントエンドが得意なエンジニア.ダーツと旅行とギターが好き

中国に行ってきた話 -出国から香港

少し間が空いてしまったが,中国旅行話の続きを書きたいと思う.

今回の旅程はマカオに2泊,深センに2泊の計4泊5日であったが,直接マカオまでの便に乗るのではなく,まず成田から香港まで移動した.

マカオへの直行便に乗るより,こちらの経路の方が単純に旅費が安いという理由であったが,結果として旅行初日に香港を軽く観光できた.

香港までの飛行機

航空会社は香港航空であった.飛行機自体はよくあるLCCといった感じで手狭だったが,香港までは4時間程度なので特に苦痛を感じることはなかった.途中で機内食が出たが,朝早くの便ということもあり寝不足気味であったので爆睡しており食べず仕舞いであったので内容はよく分からない.座席に付属されているモニタで「君の名は」が配信されていたので帰りの便で視聴した.

香港着

香港空港に着いてから市内に出るために電車等で移動する必要があったが,その前に両替である.

今回の旅では,香港/マカオ/深セン(中国本土)の3拠点を移動するが,それぞれにおいて通貨が異なる(香港では香港ドル,マカオではパタカ,中国本土では人民元が使用されている).そのためどのタイミングでどの通貨にいくら両替するかは出国前からの懸念点であったが,結局当日まで最適解が分からぬままだった.ひとまず移動や食事で使う分だけあれば事足りるだろうということで1万円分両替しておいた.

香港空港から香港市内までは電車で移動し,九龍(クーロン)という駅に一旦降り着いた.この九龍は高級高層ビルが建ち並ぶ地域であり,日本では耐震の都合上考えられない高さや形状のマンションが駅の周りを囲んでいた.駅からすぐ近くの場所には港もあり,そこからは香港島を眺めることができる.ジャッキーチェンのゆかりの地でもあるらしい.

そびえ立つビル群に圧倒されたあとは再び電車に乗り,先ほど港から眺めた香港島へと移動した.香港島はかなりの繁華街であり,活気のある街だ.夕暮れ時から日没にかけて見える対岸の景色はなかなかの絶景であった.僕らはここで早めの夕食を取った後にフェリーなどを使って周りを散策し,世界三大夜景と長高いヴィクトリアピークに向かった.

ヴィクトリアピーク

最寄駅からすぐの所が山のふもとである.ここでまず有名な夜景が見れる山頂に登るトロッコ列車のチケットを買う列に並ぶ必要がある.チケットを購入すると今度は列車に乗るための列に再整列する必要がある.その日は平日であったが,天気も良くちょうど日が沈んで間もない頃だったこともあり3時間は待機する必要があった.が,例のken氏の力によって僕らは30分程度で山頂に行き着くことができた.

夜景は実に絶景であった.こればかりは文章はおろかガイドブックの写真を見ても伝わらない圧倒感があるため,景色好きな人は是非自分の目で確かめてほしい.きっと国内の夜景スポットの思い出が吹っ飛ぶだろう.美しい景色に圧巻されるとともに,自分がいかに小さな存在であるかを思い知ることができる.

マカオへ

絶景に圧倒された後はタクシーでフェリー乗り場へ向かい,船でマカオへと移動した.

香港からマカオへはフェリーで約1時間,値段は昼なら150香港ドル,夜なら200香港ドル程であった.

マカオに到着した頃には夜22時を回っていたが,ホテルにチェックインしたのち,そのままカジノや観光地がある中心部へと移動した.