itsukichang

フロントエンドが得意なエンジニア.ダーツと旅行とギターが好き

1月15日-1月29日

大変久しく日記を書く.

体調崩してたり,帰省したあとでやる気ねーーとか言ってるうちに1月が終わる.師走はやはり時間の経過が早い.

 

研究

出してた国際会議がacceptされた.大変うれしい!

けど何度も書いてるけどそんなに難しくない会議なので堂々とドヤ顔できるレベルじゃない.けどやっぱり査読付き国際会議の実績ができるのは喜ばしいことですね.

やる気ねーryとか言って,あんまり進んでないけどぼちぼちと研究進めてます.いい加減もうちょっとハイペースにならないと後で絶対困る.

インタラクションのポスター準備もぼちぼちやらなきゃなぁ.

 

ダーツ

Rating7になった!→6に落ちた!→あれなんか前より下手になってる...

 

投げてる様子を動画に撮ってもらって確認したら,なーんか腕が曲がってるので,フォームを整えることを意識して練習します.リリースポイントも毎回違うし.

お家用のダーツボードも買ったし,毎日ちゃんと練習して体に染みこませたい.

 

 

 

そのほか

 

完全にチラ裏だし,思ってもあんまりこういうこと書いたことないんだけど,深夜に気になるもの見ちゃったから触れてみる.

 

いまちょっとはてぶでバズッてる高専生の話.良く見かけるような話ではある.

尖ってるなぁと思いつつ,自分も同じような時期があったので気持ちは大変良くわかる.

ただ,自分はクラスメイトに恵まれていたのか,周りの技術とか専門に対する意識の境遇は同じだけど,嫌なやつがいるとか体育会系っぽいノリみたいなのは無かったなぁ.まぁ外からの刺激をたくさん受けてると,こういう風に思っちゃう時期はあると思うんだけど,見てるとクラスに何人かは共感できる友達がいるだけでも恵まれてるかも.ずっと同じクラスだとどんなタイプのキャラでも4年生くらいになると自然と仲良くなれるよきっと.

自分は高専時代の同級生が気持ち悪いくらい好きだし,今でも特に仲の良い10人くらいとは頻繁に帰省して遊んでる(頻繁すぎるのも問題).でもその中に在学時代に一緒に何か作ったとかコンテスト出たとかそういう人いないんだよね.大体みんな就職してるけど,ソフトウェア業界いってるやつなんて全くいないし(そういうのはそういうのでやりたかったなぁ).卒業してから急に仲良くなった子もいるし,どこで波長が合うかなんてよくわからないもんなのかも.

なんかすげー老害っぽいけど,拒絶反応をブログで大々的に示しちゃってるのが若干心配.自分が敏感な部分で悪いところ見えちゃって嫌うのは凄くわかるんだけど,見えてない部分で自分と共鳴したりして実は親友になるみたいな感じになることもあるから,どうかもう少し寛大な精神で... 

こういう流れで中退とかよく見るけど,個人的には凄くお勧めしないなぁ… 外の世界で合う人だけと付き合って生きていくってよく聞くし,インターネットな感じで今となっては別に普通なのかもしれないけど,なんか人間的じゃない気がするんだよなぁ.せっかく一緒になれた仲間と一別するなんてなんか悲しいじゃないですか.

もちろんいじめとか学級崩壊レベルとかそういうのは別だけど.

まぁそういう流れでうまく成功してやっている人はいっぱい居るし,その人たちを否定したいわけでもない.むしろ凄く尊敬する.(自分はそこまで強くないし,ひとりじゃ寂しくて生きていけないタイプなので...)

でも帰るところはあったほうがいいよ.

ただもう少し長い目で見ると良いんじゃないかなって,思い出補正が凄くかかった老害高専OBは思いました.